天職とは?料理教室の講師の私がカウンセラーを始めたきっかけ

未分類

こんにちは^^
食心育カウンセラーの江夏敬子です。

私は、今、食と心をリセットしたい
方のために、食事や心のカウンセリング
をしているのですが、

今日はよくご質問をいただくことが多い

「料理教室の講師の私がカウンセラー
を始めたきっかけ」

についてお話しさせていただき
たいと思います。

少し、お付き合いくださいね^^

私は子ども料理教室を主宰したり
お料理の写真や動画を作成する食の仕事と
もう1つの仕事心のカウンセラーを
しています。

私がカウンセラーになった
きっかけはここ数年です。

2年前に子どもの子育てや中学受験で
料理教室を一旦お休みにさせていただきました。

その後もコロナが流行し対面で
料理教室の再開を考えながら
オンラインの食の講座や、ご要望が多かった
食事のコンサルを始めました。

食のオンライン講座や、食事コンサルを
喜んでいただきながら、みなさんが
食事もですが、

家族やお子さんの子育てのこと、
お仕事の人間関係のことなど、
食以外のことのお悩みを抱えている
方も多いと感じていました。

わたし自身も悩む事が多かったので
その気持ちにすごく共感できたし、
なんで悩んでしまうのか考えました。

例えば、

「子どもが給食は食べるのに
家では小食。色々食べさせたい
料理に自信もないし、ママ失格
みたいに感じてしまいます」

「子どもが最近口を聞いてくれない。
おやつばかり食べて食事の時も
部屋から出てこない。
学校も行きたくないと言います・・・」

「お姑さんに、子どもの身体が
小さいと言われました。私の育て方
が悪いみたいに聞こえて悲しく
なりました」

と、そのようなお悩みを食事以外の
部分でも癒してあげらないか・・・
模索しました。

そして、たまたま出会ったカウンセラー
の先生の心の講座。

料理の先生をしている私が心の講座と
最初は全く結びつきませんでした。

でも、心の講座を学びながら、
食事と心の悩みは繋がっていると
はっきり感じたんですね。

母として自信がない
妻として自信がない
自分に自信がない

と、その気持ちが強かったのは
他でもない私です。

だから、色々な食育を学んで
自信をつけたかった。

でも、心を癒していくことで
「自分の良さ」に気付けたような
気持ちでした。

それから、食への向き合い方、
家族や子どもへの声掛けなど
が変わってきました。

「好き嫌いしてもOK!
でも、ママが愛を込めて
作ったから1口だけ食べて♡
食べてくれて嬉しい!」
と言えるようになりました^^

そしたら、子どもの方から
「もう少し食べてみる」
と言ってくれるように
なりました。

食の講座でもそのような
話をすると生徒さんんも
同じように家族関係が好転
していき、

自分の言葉や気持ちが変わると
こんなに食事の悩みも変わるのだと
感じました。

仕事の面でも料理教室をしていた
時を思い出してみると、

お母様方に食事や生活のお悩みを
打ち明けていただけることが多くて、
教室後に時間を忘れて話してました。

私と同じように悩むお母さんが
少しでもその方の心が晴れたらと
話を聞かせてもらってました。

もっと前にさかのぼると

私はこの料理の仕事を始めて
10年ちょっとですが、最初から
食の道だったわけではなく、

大学を卒業後は金融機関や
営業会社のOLをしていました。

当時から、総務(会社のサポート)
がとても自分に向いていると
言われることが多かったです。

というのも、総務は給与や保険
などの事務もありますが、

福利厚生や、産業医の先生との
健康診断やメンタルサポートなど
人の抱えるお悩みをきくことも
多かったのですね。

幼少期に悩みが多くて、誰にも
話すことができなかった私は、
苦しい方の気持ちを共感できる
ことも多くて、

色々な悩みを言ってくれる人が
笑顔になっていくのが嬉しかった
んですね。

「総務にくると癒される」
と言ってくれてました。

会社のお母さんだと言って
くれる方もいて…
すごく嬉しかったです。

その後子どもが産まれ、
たまたま通っていた料理教室で
働かせてもらえるようになり、

宮崎に帰ってきても料理教室を
させてもらえる機会を
いただきました。

人前で話すお仕事は夢でしたし、
料理教室ももちろんすごく
やりがいもあり、喜びも
大きかったです。

その中でも、私が得意だった
ことは、やっぱり、お母さんや
子どもたちの悩み相談をきくこと。

「敬子先生が受け止めてくれそう
だから、話してしまう」

と、言ってくださることも嬉しくて
教室後に、時間を忘れて話していました。

今思えば、周りから求めてもらうもの
は総務の時と同じ、もっと言えば
幼少期から変わってなかったのですね。

「料理教室の先生」と「カウンセラー」

全く違う仕事のように感じるけど、
自分の得意は昔(幼少期)から変わらない

今の仕事や人間関係にも繋がっている
ということも心の講座で学びました。

だから、私が料理教室の先生になったのも
カウンセラーも始めたのも
突然ではなくて、

私の中では子どもの時から得意と
してきたことが繋がっているのかなと、

これが天職なのかもと、
今は思えたりしています。

もし以前の私と同じように
自分の天職とはなんだろう?
自分の才能はなんだろうと?
自分を必要としてくれる人はいるの?

そんなお悩みの方がいらっしゃれば

幼少期から得意だったものは何だろう
今まで人から喜ばれてきたものは
なんだろうと思い出してみるのも
1つの方法かなと思ったりしています。

未来のヒントは過去にある
かもしれない、ですね^^

これは料理教室の講師をしていた
私がカウンセラーもすることになった
仕事の見つけ方ですが、

お悩みの方がいらっしゃれば
参考になれば嬉しいです^^

===

自分の気持ちにブレーキをかけて
しまう要因・制限を理解することで
自分が本来持っている品を見つけ
自分にしかない「良さ」を生かしていく

「未来書き換え自分年表作成講座」
の無料説明会を開催しています。

自分の良さがわかれば
自分にあう、仕事が見えてきたり、
今のお仕事にモヤモヤしている方は
なぜモヤモヤ感じるのかも
わかってきたりします^^

仕事に悩んでいたけど、
やりたいことが見つかった、
そんなクライアントさんもいらっしゃいます。

現在行っている講座の無料説明会では、
未来書き換え自分年表とはどんなものか、
お話させていただいていて、ご希望の方には
無料電子書籍も事前にお送りしてます。

数名に、すでに電子書籍もお送りしましたが、
ご興味のある方はお問合せくださいね^^

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。